読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンエデン情報開拓局

ポケモン好きの・ポケモン好きによる・ポケモン好きのための・ポケットモンスターブログ!

ポケモン:時代遅れのプラチナで、貰い物・拾い物の旅 第1回『フタバタウン編』

ネタ プレイ記

f:id:smcn616:20160415212951j:plain

こんにちは。

 

今回も、ポケモンの縛りプレイのやつです!

 

f:id:smcn616:20160416143843j:plain

とりあえず最初に、以前のセーブデータを消去します。

上ボタン+Bボタン+SELECTボタンで消去できます。

 

では、データ消去が終わったところで、本編スタート!

 

 

初めの説明

f:id:smcn616:20160415212720j:plain

ゲームを始めると、ポケモンの博士、ナナカマド博士が出てきました。

細かい説明は省いて、自分についての設定に移ります。

 

f:id:smcn616:20160415212742j:plain

自分の名前は、『しゅんくり~む』…としたいところですが、文字数が足りない。

しょうがないので『くり~む』にします。

もちろん主人公は、男です。

 

f:id:smcn616:20160415212805j:plain

続いて、ライバルの名前の設定。

ライバルの名前は、『すすすすす』です!

『すすすすす』にした理由は、私が初めてプレイした「パール」で、ライバルの名前を

まちがえて『すすすすす』にしてしまったのが懐かしかったから。

また、この名前に巡り合えました!

 

 

それではゲームスタート!

f:id:smcn616:20160416144743j:plain

プラチナでは、テレビを見ているシーンからのスタートです。

テレビを見終わって、移動しようとすると、家にライバルのすすすすすがやってきます。

f:id:smcn616:20160415212923j:plain

すすすすすは、「隣町にいるナナカマド博士なら、ポケモンをたくさん持っているだろうから、少しくれるはず」と言い、隣町のマサゴタウンまで行くことになりました。

 

 

御三家ゲットだぜ!

f:id:smcn616:20160415213009j:plain

マサゴタウンに行くには、ポケモンが飛び出てくる草むらに入らなければいけません。

ポケモンを持っていない場合は、ポケモンに襲われてしまうそうです。

そんな中、すすすすすが考えた、マサゴタウンへの行き方はこんな感じ

f:id:smcn616:20160416161905p:plain

草むらに入ったら、野生のポケモンが飛び出てくるだろ?

だから、野生のポケモンが飛び出てくる前に、次の草むらに入ればいいんだよ。 

そうすれば、野生のポケモンに合わずに、マサゴタウンまで行けるだろ?

 一言一句正しいわけではありませんが、確かこんなかんじ。

 

バカ丸出しやんw

 

f:id:smcn616:20160416153457j:plain

そんなバカを止めてくれたのは、なんとナナカマド博士

マサゴタウン側でなく、リッシ湖の方から歩いてきました。

 

マサゴタウンに行かなくてもいるやんw

 

バカを引き留めてくれたナナカマド博士は、どうやらポケモンをくれるようです。

f:id:smcn616:20160415213157j:plain

ヒカリ登場。

主人公を女にすると、ヒカリになります。(見た目が)

どうやらヒカリは、ナナカマド博士がリッシ湖に忘れていった鞄を持ってきてくれたようです。

 

f:id:smcn616:20160416154356j:plain

鞄の中から、ポケモンを選びます。

前回話した通り、ドダイトスに進化するナエトルを選択します。

f:id:smcn616:20160416154729p:plainf:id:smcn616:20160416154743p:plainf:id:smcn616:20160416112141p:plain

ナエトルハヤシガメドダイトス

 

f:id:smcn616:20160415213309j:plain

お決まりのことですが、ポケモンをもらうと、ライバルのすすすすすが勝負を仕掛けてきました。

f:id:smcn616:20160415213333j:plain

ノーダメージで勝ちましたw

勝負が終わるとライバルに、「ポケモンが疲れただろうから、一度家に帰ろう」と言われますが、疲れたのはライバルのポケモンだけです。

 

 

ナナカマド博士に、お礼を言いに行くらしいです

ポケモンをくれたナナカマド博士は、マサゴタウンに帰って行きました。

ライバルと、ナナカマド博士にお礼に行くことになりました。

f:id:smcn616:20160415213409j:plain

母(ポケモンの)にランニングシューズをもらいました。

ランニングシューズをもらってからは、歩くより速く、走れるようになります。

ちょうど遅くて、イライラしていたところだったので、ラッキー!

 

f:id:smcn616:20160415213437j:plain

ライバルと一緒に、マサゴタウンに行くはずでしたが、ライバルは、

f:id:smcn616:20160416161905p:plain

湖(リッシ湖)にいる伝説のポケモンを捕まえて、ナナカマド博士の所に行こうぜ!

そうすれば、ナナカマド博士は大喜びだぜ! 

 とか言い出しました。

ちなみに、ライバルが持っているポケモンは、LV.5。

リッシ湖の伝説のポケモンエムリット」は、出現時、LV.50です。

f:id:smcn616:20160416160042p:plain「捕まえられるわけないやろw」

(なぜか関西弁っぽいのは、気にしないでください)

 

f:id:smcn616:20160415213501j:plain

リッシ湖の中に行くと、悪の組織ギンガ団のボス「アカギ」と初遭遇。

アカギは、謎の言葉を残して、リッシ湖を去って行きました。

 

アカギがいなくなったところで、ライバルはやっと気づきました。

f:id:smcn616:20160416160431p:plainモンスターボールが無いから、ポケモンが捕まえられない…」

 

…今頃かよ。

ライバルは素直に、マサゴタウンへ向かいました。

 

私も、マサゴタウンへ向かいます。

f:id:smcn616:20160415213710j:plain

マサゴタウンへの道中(201番道路)にいた、フレンドリィショップの店員に、キズぐすりをもらいました。

ポケモンのHPを20回復する道具です。

 

 

そういえば設定を変えていなかった

f:id:smcn616:20160415213557j:plain

そういえば、設定を変更していなかったので、今変更します。

しあいのルールは、「かちぬき」です。

 

…と、設定をいじっていて気付いたんですが…

そういえばトレーナーIDのナンバーを確認してなかった。

 

トレーナーIDが奇数だと、パーティの最終目標に必要な「トリデプス」がゲットできません。

お願いです、偶数であってください…

 

ゆっくりと、トレーナーIDを確認します…

f:id:smcn616:20160415213620j:plain

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

 

・・・・

・・・・・・・・

DSを、そっとブチギリしました。

ポケモンは、セルフセーブ制なので、レポートを書かずに(セーブせずにという意味)ブチギリをすると、データが残りません。

 

 

今回のまとめ&次回予告

今回、ナエトルをゲットしました。

とは言っても、今回のデータは消してしまったので、次回までに、今回進んだ所までゲームを進めておきます。

もちろん、トレーナーIDを確認した後でね。

 

では、次回は『マサゴタウン編』です。

お楽しみに!

 

pokemon-eden-siaf.hatenablog.com

広告を非表示にする