ポケモンエデン情報開拓局

3匹のロトムとゆく!ポケモン好きのためのポケモンブログ!

ダイヤモンド パールプラチナ のリメイクが任天堂スイッチで発売されるかもしれない

f:id:smcn616:20170617205137j:plain

ニンテンドースイッチポケットモンスターの本編新作を開発中」という情報が発表されました!

6月14日水曜日の「Nintendo Spotlight:E3 2017」で、ゲームフリーク社長の石原氏直々の発表でしたが、USUMでポケモン界が盛り上がる中での、衝撃的な発表でしたね。


発表によると、ポケットモンスターシリーズの次回作を、ニンテンドースイッチ用ゲームソフトとして開発中とのことです。

ついにポケモン本編が、スイッチに進出する時が来ましたか…

発売は、少なくとも来年2018年以降だそうです 

 

このニュースの本当に重要な所

ということは、ポケットモンスターシリーズは当分はスイッチで発売していくのでしょうか?
『ウルトラサン・ウルトラムーン』が本編の3DSソフトの最終作になりそうです。
今までの周期から考えれば、3〜4作品がスイッチで発売されると思われます。

 

ということは…

ファン待望のダイパリメイクも、スイッチでの発売になるのでは? 

 

ダイパリメイクがスイッチで発売に?

ポケットモンスター ダイヤモンド・パールは、2006年、マイナーチェンジ版のプラチナは2008年に発売されました。
この三作品は歴代最高との呼び声も高く、発売から10年以上経った今も、リメイクが熱望されています。

 

先日のUSUMの発表日に、ダイパリメイクが発表されるとの噂も立っていましたが、発表されたのは結局アローラマイナーチェンジでしたね

 

しかし、その時はまだ、人々は希望を捨てていませんでした。
プラチナ発売から10周年となる2018年に、ダイパリメイクが3DSで出るのではないか。
はたまた、3DSの後続機での発売になるのではないか。

 

そんな中に現れた今回のニュースに、誰もが絶望したことでしょう。
まさか、ポケモン本編がスイッチで発売されることになるとは…

 

ポケモンがテレビでできて嬉しい!」という意見もありますが、物事はそんなに簡単ではありません。

 

スイッチでポケモンを発売することには、様々な問題が付きまとうのです。

 

持ち運びの問題

f:id:smcn616:20170617222843j:plain

まず一つ目の問題としては、ニンテンドースイッチの持ち運びのし辛さです。

ニンテンドースイッチは、3DSより大きく、持ち運びが非常に不便です。
さらに、3DSに増して高価であるため、持ち運びには、紛失や破壊の恐怖が常につきまとうことになります。

屋外での厳選なんて、到底できるはずもありません。

 

互換切りの問題

f:id:smcn616:20170617220056j:plain

二つ目の問題としては、世代間通信の問題です。

現在、3DSとニンテンドースイッチでは通信を行うことができません。
つまり、スイッチで新作ポケモンが発売されると、今まで厳選してきたポケモンが使用できなくなってしまうのです。

これは痛い、としか言いようがありません。

 

ネット接続の問題

f:id:smcn616:20170617220525j:plain

3つ目の問題は、ネット接続に関する問題です。

ポケモンシリーズのやり込みの境地といえば、やはりレート対戦ですよね!
しかしニンテンドースイッチでは、ネット接続に年間2900円かかってしまいます

これは、大人や学生からしたらそう高くないですが、小、中学生には辛い出費です。

さらに、レートをするための手続きがさらに面倒になってしまうので、にわかレート民の絶滅、ひいてはポケモンファンの減少を引き起こすかもしれません。

 

 

まとめ

いやぁ、衝撃的なニュースでしたね。

まさか、ポケットモンスターシリーズが、ニンテンドースイッチで発売されるかもしれないとは…

 

どう考えても、良いことはありませんよね。

 

「スイッチでは新作は出ず、今までのソフトの移住のような形で、過去作がそのままスイッチで発売されるのではないか」という説もありますが、真実は不明のままです。

世代が断裂すると、過去産のポケモンが手に入らなくなるので、過去作の移住はありえそうですね。

 

ということで、以上です。