ポケモンエデン情報開拓局

3匹のロトムとゆく!ポケモン好きのためのポケモンブログ!

メガフライゴン徹底考察!【フライゴミに救済を】

f:id:smcn616:20181008191437j:plain

さて今回は、未だにメガシンカが貰えないフライゴンについてのネタです。

 

フライゴンとは

フライゴンとは、第三世代で登場したポケモンです。

デザインもなかなか良く、映画「七夜の願い星ジラーチ」で大活躍したことも相まって、一定の人気を誇っています。

しかし、口々に語られるフライゴンの話題はもっと別の、不名誉な話題ばかりです。

そう、フライゴン「フライゴミ」という別称で、「劣化ポケモンとしてネットでネタにされ続けているのです…

〜目次〜

本編はかなり下なので、本編目当てならワープ推奨↑

 

なぜ「劣化ポケモン」なのか

f:id:smcn616:20181008203306j:plain

タイプ じめん ドラゴン   特性 ふゆう
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
80 100 80 80 80 100

フライゴンが、「劣化ポケモン」と言われる所以…
それはもちろん、フライゴンが他のポケモンの「下位互換」に近いからです。

フライゴンは「劣化ガブリアス

f:id:smcn616:20181008204506p:plainガブリアスのステータス↓

タイプ ドラゴン じめん   特性 さめはだ
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
108 130 95 80 85 102

 やはり、最もフライゴンの上位互換として挙げられてきたポケモンは、ガブリアスでしょう。

なんとフライゴンは、種族値ガブリアスに勝てる所がありません

その為フライゴンは、長年「劣化ガブリアス」とネタにされ続けてきました。

 

フライゴンは「劣化ランドロス

f:id:smcn616:20181008205339p:plain霊獣ランドロスのステータス↓

タイプ じめん ひこう   特性 いかく
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
89 145 90 105 80 91

ガブリアスとは、特性「ふゆう」や「とんぼがえり」で、一応差別化することはできます。

しかし、クッションとしてサイクル戦で採用しようとすると、霊獣ランドロスという大きな壁が立ちはだかるのです。

もちろん耐性は少し違いますが、特性「いかく」も含めそれ以外の点が大きすぎ、どうしても霊獣ランドロスの劣化になりがちです。

 

フライゴンは「劣化カイリュー

f:id:smcn616:20181008210221p:plainカイリューのステータス↓

タイプ ドラゴン ひこう   特性 マルチスケイル
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
91 134 95 100 100 80

 フライゴンは第七世代でついに、優秀な積み技「りゅうのまい」を習得しました。

この技は、ガブリアスランドロスも覚えることができないので、フライゴンの大きな差別化点になります!

しかし、竜舞積エースとして考えると、今度はカイリューが大きな障壁になるのです。

一致地震や元の素早さで、完全劣化にはなり得ませんが、特性「マルチスケイル」による積みやすさなど、フライゴンが劣る点は数えきれません。

 

故に「劣化ポケモン

総括しますと、無難な種族値と豊富な技から様々なことができるポケモンではあるが、だからこそ器用貧乏になりがちで、何をやるにしても上位互換が存在してしまう

極論ではありますが、このような感じですね。

 

メガフライゴンで救済を!

そんなフライゴンに一筋の光明を与えるのが、「メガシンカ」です!

第六世代から追加された「メガシンカ」というシステムは、中堅・マイナーポケモンを大幅に強化できるシステムです。

リザードンクチートといったポケモンは、メガシンカが貰えたおかげで、一気に一戦級の実力を得ました。

つまり、フライゴンメガシンカが貰えれば大幅に強化されるはずです!

フライゴンは、ORASメガシンカ獲得を騒がれていましたが、結局は「デザインが固まらず見送り」という残念な結果でした。

しかし、見送られた理由がデザインなら、きっと近いうちにメガフライゴンは実装されるはず!


そんな希望を持ちつつ、今回はオリジナルメガフライゴンをいくつか考案してみました!

 

それでは、長くなりましたが、ここから本編スタートです!

 

フェアリースキンフライゴン

f:id:smcn616:20181009133417j:plain

タイプ じめん フェアリー   特性 フェアリースキン
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
80 130 100 125 85 100
  +30 +20 +45 +5  

 「砂漠の精霊」という設定に基づいて、フェアリータイプ複合です。

性能面

ぶっちゃけますと、環境が壊れます。 

特化テテフのサイキネを確定耐えする耐久のポケモンが、「C特化スキンばくおんぱ」でちょうど確定で落ちます。

そのバカ火力に加え、一致大地や大文字も含めると、後出しから受けられるポケモンがほぼ存在しないと言えるでしょう。

もちろん、竜舞物理型で使ってもかなり強いです。

上から弱点技で落とそうとしても、メガシンカの耐性変化でなかなか安定しません。

さらに先制技にもスキン補正が乗るので、かなりの火力になります。

環境ブレイカーの蔑称として、「フライゴミ」と呼ばれ続けそうですね。

デザイン面

可愛い感じにしたくて、とりあえずヒラヒラさせました。

衣装を着ただけにも見えます…

あまり、メガシンカっぽくはありませんね。

 

浮遊のフェアリーフライゴン

f:id:smcn616:20181008214516j:plain

タイプ じめん フェアリー   特性 ふゆう
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
80 115 90 130 90 115
  +15 +10 +50 +10 +15

少し控えめな砂漠の精霊。

性能面

フェアリースキンを与えると、どう調整しても強くなってしまうので浮遊です。

新しく、ムーンフォースなどを習得すると良いのではないでしょうか?

ただフェアリースキンが無くても、環境上位入りは確実だとおもいます。

S115から妖地炎の範囲を打ち分けられるポケモンは、かなり対応し辛そうです。

自重している点としては、火力指数自体はそう高くないことでしょうか?

じゃれつくも覚えないので、A+15も無駄振りになりやすいです。

特殊面は積み技もないので、ぶっ壊れ性能とまではいかなさそうですね。

デザイン面

精霊…なのか?

神聖な感じはしますが、フェアリーっぽくはないかな?

正常な進化をしていない感じは、メガシンカっぽいですよね。

 

竜地の物理メガフライゴン

f:id:smcn616:20181009133444j:plain

タイプ じめん ドラゴン   特性 ふゆう
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
80 160 95 70 95 120
  +60 +15  -10 +15 +20

一番正統派なメガシンカなのではないでしょうか?

性能面

火力・耐久・素早さがどれもそれなりに高いため、竜舞アタッカーとしての使い勝手が飛躍的に上がりそうです。

メインウェポンが竜・地と通りづらいタイプなので、壊れ性能にもなりません。

さらに、HPに努力値を割いてある程度耐久を確保すれば、羽休めも合わせてサイクルが回しやすそうです。

水炎耐性を見れば、ランドロスとの使用感も違ってきそうですね。

環境トップとはいかないまでも、それなりに使えそうです!

デザイン面

今回の中では一番気に入っています。

ガブリアスメガジュカインみたいなイメージでしょうか?

攻撃性能が高そうな所も良いですが、やはりフライゴンは「カッコかわいい」感じが大事ですよね!

 

 

まとめ

さて、これまでフライゴンについて見てきましたが、どうでしたか?

今は不遇ですが、元々種族値の高いポケモンなので、メガシンカによって化ける可能性は大いにあると思います!

次にメガシンカが追加されるとしたら、第8世代に移る2019年だと思われます。

メガフライゴンが公式発表される未来が待っていると嬉しいですね!

 

no-img2

ちなみに、iPhoneで「フライゴ」と打つと、予測変換で「フライゴミ」が出てきます

no-img2

アップルも認める不遇っぷり…

以上です