ポケモンエデン情報開拓局

3匹のロトムとゆく!ポケモン好きのためのポケモンブログ!

ポケモンの都市伝説的新事実

f:id:smcn616:20190308160716j:plain

f:id:smcn616:20190308160716j:plain
今回の話題は「ポケモン都市伝説」!
実際にゲーム中に根拠があるものから、漠然とネット上でささやかれているものまで幅広く紹介していきます!

それではいってみよう!

 

ポケモンの肉は食べられている

f:id:smcn616:20160810175858p:plain

「食糧源が謎」と言われ続けいるポケットモンスターシリーズですが、なんとポケモンを食料として扱う記述が随所に見られるのです!

人間からポケモンまで、様々な生物がポケモンを食料としています。 

f:id:smcn616:20160810181901p:plainピジョン

足の ツメが 発達している。エサの タマタマを つかんで 100キロ先の 巣まで 運ぶ。 

f:id:smcn616:20160810182631p:plain後ろの欠けているタマタマは、啄まれたものなのでしょうか?

f:id:smcn616:20160810182620p:plainスバメ

巣立ちを 終えたばかり なので 夜に なると 寂しく なって 泣いてしまう ことも ある。
森に すむ ケムッソを 捕まえて 食べる。

 f:id:smcn616:20160810182705p:plainケムッソが捕食されているようです。

 

さらに、ポケットモンスターDPtのミオ図書館の本棚の本には、こんな記述もあります。

シンオウむかしばなし その1   漢字
うみや かわで つかまえた
ポケモンを たべたあとホネを
きれいに きれいにして
ていねいにみずのなかにおくる
そうすると ポケモン
ふたたび にくたいを つけて
この せかいに もどってくるのだ

海や川で捕まえた
ポケモンを食べた後の骨を
綺麗に綺麗にして
丁寧に水の中に送る
そうするとポケモン
再び肉体を付けて
この世界に戻ってくるのだ


別の本には、こんな記述も…

トバリのしんわ   漢字
つるぎを てにいれた わかものがいた
それで たべものとなる ぽけもんを
むやみやたらと とらえまくった
あまったので すててしまった
つぎのとし なにもとれなかった
ぽけもんは すがたをみせなくなった

剣を手に入れた若者がいた
それで食べ物となるポケモン
むやみやたらと捕らえまくった
余ったので捨ててしまった
次の年なにも獲れなかった
ポケモンは姿を見せなくなった

人間がポケモンを食べていたという内容ですね。

その他にも、昔はコイキングを食べていたという噂や、カモネギは食用のための乱獲により数が減ったといった話もあるため、ポケモンが食べられていたと言う話は公式の裏設定のようです。

 

ポケモンと人は結婚していた

f:id:smcn616:20160810212627j:plain

その昔、ポケモンと人は結婚をしていたそうです

こちらもただの都市伝説ではなく、ミオの図書館のある著書で示されています。

 

シンオウむかしばなし その3   漢字
ひとと けっこんした ポケモンがいた
ポケモンと けっこんした ひとがいた
むかしは ひとも ポケモン
おなじだったから ふつうのことだった

人と結婚したポケモンがいた
ポケモンと結婚した人がいた
昔は人もポケモン
同じだったから普通のことだった

考察するまでもなく、「結婚した」という内容が記述されていますね。

また、これは都市伝説に過ぎませんが、ルージュラポケモンと人の間に生まれた子供だという都市伝説もささやかれています。

f:id:smcn616:20160810214636p:plainルージュラ

人間のような 言葉を 話すが まだ なにを言っているか 不明で
現在 研究されている。

ちなみに高さは140cmで、ポケモンとのハーフで発育不足であると考えれば妥当な身長ですね。

 

初代主人公レッドは既に死んでいた

f:id:smcn616:20160810215527j:plain

こちらはかなり有名な都市伝説ですね!
初代主人公であるレッドが、金銀の時代には既に死んでいたという話です。

 

初代系の続編である金銀系では、完全クリア後に真のラスボスとしてシロガネ山の最奥部に初代主人公レッドが現れます。

歴代最強レベルのポケモン達を引き連れ、真のラスボスにふさわしいパーティで主人公の前に立ちはだかるのですが…

 

レッドのパーティにはフラッシュを覚えているポケモンがいないのです!

シロガネ山最奥部までの暗い洞窟を、「フラッシュ」無しで一体どうやって進んできたのでしょうか…?

さらに、レッドが戦闘の前後に全く話さないことやレッドが三年間音信不通だったことなどもレッド死亡説に拍車をかけ、終いには「レッドのいる山頂が異様に明るいのはあの世に近い場所だからではないか」とまで言われています。

 

謎に満ちた主人公レッドについては、「レッド=ギラティナ説」なんかもささやかれ始め、今なおネット上で様々な都市伝説が飛び交い続けています…

 

ゲンガーはピクシーにゴーストが取り憑いた状態

f:id:smcn616:20190308154424j:plain
f:id:smcn616:20160810223130p:plainピクシーです。

f:id:smcn616:20160810223241p:plainゲンガーです。

形状が似ていると思いませんか?

今回も憶測による都市伝説になりますが、ゲンガーは、ピクシーにゴーストが取り憑いた姿ではないかという都市伝説です。

この都市伝説の根拠は形が似ているというだけではありません。

 

f:id:smcn616:20160810224032p:plainゴーストは、0.1kg

f:id:smcn616:20160810223241p:plain進化後のゲンガーは、40.5kg

進化したら、急に重くなったと思いませんか?
ゴーストは体がガスでできているので軽いのですが、ではゲンガーの体は一体何によって構成されているのでしょうか?

何かに取り憑くことで質量を得たとしか考えられません…

f:id:smcn616:20160810223130p:plainちなみにピクシーは、40kgと、かなりゲンガーに近い重さです。

 

ポケモンの世界にはインド象が存在する

f:id:smcn616:20160810185357j:plain

人間とポケモンと植物しか存在しないと思われがちなポケモン界ですが…
なんと、ポケモン界にはインド象が確かに存在するのです

インド象の存在を裏付ける根拠は、以下の通りです。

f:id:smcn616:20160810205828p:plain「ゴース」

 うすい ガスじょうの せいめいたい。
ガスに つつまれると インドぞうも 2びょうで たおれる。

 ゴースのガスで包むことで倒せる大きな生き物として、インド象が挙げられています。

f:id:smcn616:20160810210412p:plainライチュウ

 でんげきは 10まんボルトに たっすることもあり ヘタにさわると
インドぞうでも きぜつする。

ライチュウの電撃のすごさを分かり易くするために、インド象が挙げられています。

完全にかませ状態ではありますが、確かにインド象が存在しているようですね!

ということは、「インド」も存在しているのでしょうか…?

 

パラセクトはキノコに操られている

f:id:smcn616:20160811184441g:plain

背中にきのこを生やしているパラスですが、進化後のパラセクトは、虫の部分ではなくキノコの部分が本体なのです!
 

本事実は図鑑説明が根拠になっています。
パラスとパラセクトの図鑑説明は以下の通り、

f:id:smcn616:20160811185101g:plain「パラス」

 とうちゅうかそうと よばれる キノコを せなかに はやしている。

パラスと ともに おおきく そだつ。

分類としてはすでに「きのこポケモン」ですが、この時点では虫の部分がパラスという名前で背中のキノコはとちゅうかそうという名前だそうです。

続いてパラセクトの図鑑説明、

f:id:smcn616:20160811185239g:plainパラセクト

からだよりも おおきな キノコが パラセクトを あやつっている。

どくの ほうしを ばらまく。

すでに、背中のキノコが虫を操っています…
よく見てみると、虫の部分は目が死んでいるんですよね。
 

 

初代ライバルのラッタは死んでいた

f:id:smcn616:20151223130008j:plain

ホラーな町として有名なシオンタウンには、ポケモンタワーという死んだポケモンを鎮めるタワーがあります。

上の画像は、そこで、ライバルが発した意味深な言葉…

「おまえのポケモンしんだのか?」 

冒険の途中に訪れただけにも関わらず、どうしてライバルは「主人公のポケモンが死んだ」という結論にまず至るのか…
その理由が、ライバルのラッタが死んでいたためではないかという都市伝説です。

この奇妙な言葉を発する前からライバルはポケモンタワーにいたのですが、ライバルは上の階で起こっていた騒動に全く気付いていませんでした。
それほどまでに傷心していたということでしょうか?


しかし、ライバルのラッタ死亡説の根拠はこれだけではありません。 

以下は、ライバルがこの言葉を発するまでの手持ちポケモンの推移です。

一回目の戦闘:オーキドけんきゅうじょ 

f:id:smcn616:20160307213005p:plainf:id:smcn616:20160307213016p:plainf:id:smcn616:20160307213027p:plain

フシギダネ or ゼニガメ or ヒトカゲ (以下、御三家)

二回目の戦闘:22ばんどうろ

f:id:smcn616:20160307213005p:plainf:id:smcn616:20160307213016p:plainf:id:smcn616:20160307213027p:plainf:id:smcn616:20160307213150p:plain

御三家 + ポッポ 

三回目の戦闘:ハナダシティ

f:id:smcn616:20160307213005p:plainf:id:smcn616:20160307213016p:plainf:id:smcn616:20160307213027p:plainf:id:smcn616:20160307213242p:plainf:id:smcn616:20160307213320p:plainf:id:smcn616:20160307213441p:plain

御三家 + ピジョン ケーシィ コラッタ 

 ここで、コラッタが初登場。

四回目の戦闘:サント・アンヌごう

f:id:smcn616:20160307213811p:plainf:id:smcn616:20160307213816p:plainf:id:smcn616:20160307213820p:plainf:id:smcn616:20160307213242p:plainf:id:smcn616:20160307213516p:plainf:id:smcn616:20160307213534p:plain

御三家進化後 + ピジョン ユンゲラー ラッタ 

 コラッタが進化して、ラッタに。

五回目の戦闘: ポケモンタワー

f:id:smcn616:20160307213811p:plainf:id:smcn616:20160307213816p:plainf:id:smcn616:20160307213820p:plainf:id:smcn616:20160307213242p:plainf:id:smcn616:20160307214000p:plainf:id:smcn616:20160307214058p:plainf:id:smcn616:20160307214248p:plainf:id:smcn616:20160307213516p:plain

御三家進化後 + ピジョン タマタマ ガーディ ギャラドス ユンゲラー

ここでラッタが手持ちから消え去ります

そしてポケモンタワーでの五戦目以降、ラッタは一度も姿を見せません…

ちなみにライバルが水タイプのゼニガメを選んでいた場合、ラッタ以外にいあいぎりを覚えるポケモンがいなくなるため、ラッタをリストラしてボックスに送る理由はありません。

 

現代の文明はポケモンの時代には滅んでいる

f:id:smcn616:20160811191455j:plain

f:id:smcn616:20160811191838p:plain
アンノーンは、アルファベットと!?マークをかたどったポケモンです。
今回の都市伝説はそのアンノーンに関係する都市伝説になります。

まずは、アンノーンの図鑑説明を見て頂きたい、

f:id:smcn616:20160811192031p:plainアンノーン

古代の 文字に 似た 姿の ポケモン
先に 生まれたのは 文字が アンノーンなのか。研究中だが いまだに 謎である

 「古代の文字に似た姿のポケモンと記されています。

先ほどもお伝えした通り、アンノーンはアルファベットをかたどったポケモンです。

しかし現代では、世界中でアルファベットが使われています。

つまり、ポケモンの世界では現代の文明は既に過去の文明になっているのです!

さらに言えば、ポケモンの世界では現在の科学では考えられないような技術や、現代の文字とは似つかない文字、現代ではありえない法律などが多数あることから、現代の文明とは全く違う、新しい文明が世界を支配しているという結論に達するわけです。

ポケモンは現代の文明の滅亡を予言しているということでしょうか…?
 

 

まとめ ~ポケモンの裏は思った以上に黒い~

今回は、完全な都市伝説から任天堂の公式裏設定まで、様々な話を紹介してきましたがいかがでしたか?

ポケモンは「黒い設定」や「思わせぶりな要素」が沢山あり、都市伝説などの考察がはかどりますね!
今回紹介したものは、そのほんの一部にすぎないので、興味があれば個人で色々調べてみてくださいね!

以上です