ポケモンエデン情報開拓局

3匹のロトムとゆく!ポケモン好きのためのポケモンブログ!

犯罪者級! 最凶の害悪ポケモン10選

f:id:smcn616:20180101004925j:plain

今回は、レート対戦ネタの記事です。

  

害悪ポケモンについて

ということで今回のお題は、「害悪ポケモン

 

「害悪ポケモン」とは、一般的に嫌われる、面倒くさがられる戦術を得意とするポケモンのことです。状態異常などを駆使して、確率によって勝敗が決まる「運ゲー」に相手を引きずり込むポケモンや、対戦時間をかなり引き伸ばしてくるポケモンが主に当てはまります。

プレイヤーに多大なストレスを与える害悪ポケモンは、嫌われ、蔑まれ、犯罪者扱いまでされています。

 

今回は、そんな「害悪ポケモン」の一部を紹介していきたいと思います!

主観モリモリなので異論が出てきそうですが、あくまで「一部」ということで、

 

確定催眠キノコキノガッサ

 f:id:smcn616:20180101004949p:plain

キノガッサと言えば催眠、催眠と言えばキノガッサ! 害悪の代名詞、対策必須の厨ポケキノガッサです。

  • 命中100の催眠技「きのこのほうし」
  • きあいのタスキを盾に、確定で催眠を撒いてくる
  • 火力も高く、催眠対策のみでは対策ができない
  • ハメ殺しポイヒガッサの存在
 

数世代にわたり弱体化され続けていますが、まだまだ現役ですね。眠りターンとタネガンの弾数で勝敗が決まる運ゲポケモンの一角です!

キノガッサ対策は必須です。

キノガッサ対策にパーティ枠を割く必要があるので、ウザイことこの上ない。催眠耐性を持つカプレヒレも、タネガンで打点を取られるのが痛いですね。

ポイズンヒール+身代わり でハメ殺してくる型も一定数いるので、対策を怠ると一瞬で詰みます。

no-img2

フィールド系で対策しているパーティが多いですね

 

ほぼ確定催眠ビビヨン

f:id:smcn616:20180101005109g:plain

ガッサほど個体数はいませんが、こちらも催眠を撒いてくる部類ですね。

  • 特性ふくがんによって、命中97で放たれる「眠り粉」
  • 同じく特性ふくがんで、命中91で放たれる一致「暴風」
  • 「蝶の舞」によって素早さを上げつつ、多くのポケモンをハメてくる
 

「眠り粉」対策になる草タイプに、一致弱点をつける点が凶悪ですね。眠らせてから身代わりを張り、アドバンテージを取りに来ます。

ただキノガッサ対策のついでで対策できることも多いため、個体数は多くないとはいえ対策しやすい部類ではありますね。

no-img2

くさタイプでガッサ対策をしているパーティには、とことん刺さるな!

 

S130からの害悪メガゲンガー(ゲンガー)』

f:id:smcn616:20180101005126j:plain

素催眠ゲンガーから、滅ゲンまで。高速域からの害悪は犯罪以外の何物でもない。

  • 種族値130(110)で、上から害悪戦法に嵌めやすい
  • 命中60の運ゲーを仕掛けてくる素催眠ゲンガー
  • 「かげふみ、滅びの歌、身代わり」の強制一対一コンボ
  • C無振りでも火力がある

 

フルアタ型もいるので、単調な対策を講じづらいのも強さの一因ですね。滅ゲンは害悪と言えるか怪しいですが、1-1or2-1交換を強制されてもどかしいという点で一応記述。

 

催眠ゲンガーは「じゅうりょく」のお膳立てで「さいみんじゅつ」の命中を操作するコンボもありますが、それはまだ戦術として許せます。しかし、所構わず60%の運ゲーを仕掛けてくる素催眠ゲンガーは犯罪でしかない、絶対に許さない。

no-img2

ゲンガーを追い詰めると、催眠運ゲが始まるロト!

 

加速影分身バトンバシャーモ

f:id:smcn616:20180101005233p:plain

アタッカー型が多いバシャーモですが、バトンタッチ型も多くいますよね。そのうちの、「影分身」を積んでくる型です。

  • 特性加速により、多くの相手の上から行動できるようになる
  • →上から影分身を打って、相手の技を躱すことができる
  • →上から身代わりを打って、こちらの攻撃の外し待ちができる
  • そこからのバトンタッチで、最強状態のエース光臨

 

アタッカー型考慮で影分身バトンの対策が一手遅れると、その一手が命取りになってしまうんですよね。初手「守る」読みで交代なんてしようものなら、その隙に「影分身」を積まれてしまい、あとは相手は身代わり連打してるだけでアドが取れるような状況に陥ってしまいます。

 

起点作りができるポケモンや、バトン先に適したエースと組んでいることが多いので、選出画面である程度判断していきたいですね。

no-img2

タイプ上有利でも、影分身で躱され続けるロト!

 

麻痺撒きおじさん『化身ボルトロス

f:id:smcn616:20180101005146p:plain

第6世代に猛威を振るった、霊獣じゃないボルトロスです。

  • 特性「いたずらごころ」による、変化技先制
  • 「いばる」「でんじは」「みがわり」によるストレスフルコンボ
  • 先制「挑発」による相手の「挑発」の無効化
  • 素の素早さも、種族値111と高速
  • 十分な火力を持った、一貫性の高い電気技で負担をかけてくる
  • ボルトチェンジ」「トンボがえり」で不利対面から逃走

 

第7世代になって「いたずらごころ」が弱体化しましたが、ウザいことには変わりはない。全盛期の、初手先制「でんじは」により相手を麻痺らせて一方的にアドを取るその姿は、「ボルト式猫だまし」なんて言われていました。

 

第6世代は「とりあえず麻痺を撒いておけばアドがとれる」環境といっても過言ではなかったので、全盛期の化身ボルトロスはガチの犯罪者でしたね。

no-img2

数々の弱体化を受けて、環境から消えたねw

 

ずっとオレのターントゲキッス

f:id:smcn616:20180101005202p:plain

まひるみキッス」の通り名を知らない者はいないでしょう。

  • 特性「てんのめぐみ」により、エアスラッシュの怯み率が6割に
  • 種族値80+拘りスカーフにより、多くの相手を嵌めてくる
  • 「でんじは」も撒かれると、驚異の行動不能率に
  • 不意に拘りトリックをしてくる凶悪型も
  • 単純なアタッカーとしても技範囲が広く対処しづらい 

 

こだわりスカーフを巻くことで、S実数値は217にまで達し、トゲキッスより遅いポケモンは強制的に運ゲの世界に引きずり込まれます。

 

こいつは、やっている行為自体は重犯罪なのですが、トゲキッス側は6割を引き続ける必要があるので、確率的には「ハメ殺し」とは言い難いですね。ただ、ウザいことには変わりはない。

no-img2

上から縛ってしまうのが簡単ですが、スカーフが対処し辛いですね

 

択ゲー製造マシーンギルガルド

f:id:smcn616:20180101005217j:plain

現役バリバリ、厨ポケの一角ですね。「害悪」というよりは「犯罪者」という感じです。

  • キングシールドにより、強制的に択ゲーを作り出す
  • 二連キンシにより、択負け後にも勝ち筋が残る
  • 後攻で攻撃することにより、実質種族値720
  • ゴーストZ型は、対面を外すと一瞬でサイクルを崩されることも

 

「害悪」ではありませんが、「犯罪者枠」ということで。キングシールドにより、物理アタッカーの多くに一方的に択ゲーを押し付けることができます。さらに、もし択ゲーに負けたとしても、二連続キングシールドにより、3分の1の勝ち筋を残すことができるという犯罪者っぷり。

 

また耐久寄りの毒みがキンシ型は、陰湿な害悪戦法ですね。H振りだけでも高耐久な所に、BDに努力値を割かれると一致高火力弱点も耐えぬく要塞と化します。

no-img2

物理アタッカーでの対応は、かなり不安が残るねw

 

無限みがまも毒殺マングライオン

f:id:smcn616:20181028005549p:plain

本来の役割対象に加え、無限戦法による誤魔化し性能が高いですね。

  • ポイズンヒールによる毎ターンの高回復
  • ポイズンヒールにより状態異常が効かない
  • +みがわり・まもるによる半永久ターン稼ぎ
  • 高めの物理耐久と、流し性能の高い耐性

 

ポイズンヒールの毎ターン8分の1回復により、「まもる」「みがわり」でPPが続く限り時間を稼いできます。

どくどくでの毒殺が主な戦法ですが、身代守のターン稼ぎはPP枯らしにも使えるため、グライオンへの有効打が枯らされることもしばしば…

ただ最近では、無限戦法ができない羽休め型も多い印象です。

no-img2

与有利対面から、毒or身代わりで好き勝手されるのが厄介ですよね

 

小さくなるピンクの悪魔『ラッキー(ハピナス)』

f:id:smcn616:20180101005323j:plain

ただでさえ特殊アタッカーが詰まされるのに、「ちいさくなる」やつもいるんですよね…

  • 驚異の特殊耐久により、幅広いポケモンを起点化可能
  • 「ちいさくなる」で、1ターンに二段階回避率を上げてくる
  • 元々の耐久が高いので、たまたま技が当たっても、一発で倒せない

 

構造が単純ですが、それゆえの強さがありますね。あらゆる特殊ポケモンが起点にされてしまうので、対策が講じにくいのもまた強さの一因です。

 

回避系の害悪ポケモンは、「命中するかも」という希望をチラつかせながら詰ませてくるのが精神的に辛いですよね。

no-img2

特殊アタッカーは軒並みカモにされるロト!

 

忘れた頃にやってくるオニゴーリ

f:id:smcn616:20180101005348p:plain

ポケモン界の最凶犯罪者。

みんな大っ嫌いなオニゴーリです。

  • 「まもる」により、最低一回は「ムラっけ」の発動回数を稼がれる
  • 「ムラっけ」による、回避率上昇
  • 「ムラっけ」による、耐久上昇
  • そこから放たれる最強のギャンブル技「絶対零度 

 

特性ムラっけ(毎ターン、何かの能力が2段階アップし、何かの能力が1段階ダウンする)によって、回避率を上げられると本当にツライ。「岩石封じ」などで、S調整をされてから光臨することが多いので、身代わりで「ムラっけ」の発動回数を稼がれることも…

 

能力が上昇しまくって、最強になった状態で、命中30の一撃必殺技「絶対零度」の試行回数を稼がれてしまうわけなんですよね。
 オニゴーリはその顔面も含め、ポケモン界ナンバーワンの犯罪者なのではないでしょうか?

no-img2

圧倒的ヘイトを集める、皆の嫌われものだな!

 

 当たらない 命中不安なワロス3DSを叩き割りたくなる運負けシーン 環境で猛威を振るう「陰キャポケモン」をまとめてみました! インキャは滅ぶべし! 毒守無限陰キャ

まとめ ~犯罪者はゲーフリが取り締まるべき~

さて、害悪ポケモンについて見てきましたが、どうでしたか?

過去に猛威を振るっていても、現環境ではそうでもないポケモンも結構いますね。

 

第七世代になって状態異常が全体的に弱体化したので、現環境での害悪はそこまで脅威とは言えないのかもしれません。

 

これこそ、ゲームフリークの調整の賜物でしょう!

害悪戦法が増えすぎると、どうしてもストレスが溜まってしまいますからね。

no-img2

僕は確率運ゲはあまり使いませんが、毒守なんかはよく使います