ポケモンエデン情報開拓局

3匹のロトムとゆく!ポケモン好きのためのポケモンブログ!

旅パでレート対戦をすると絶対に勝てない最強ポケモン 7選

f:id:smcn616:20190317125515j:plain

f:id:smcn616:20190317125515j:plain

今回はシングルレート対戦ネタの記事です。

レート対戦にあまり触れない人をメインターゲットに書き進めて行こうと思います。

 

「レート対戦」とは?

ポケモンレーティングバトルは俗に「レート」と呼ばれる対戦方式で、ネットを通じて世界中のトレーナーとポケモンバトルをすることができます!

レーティングバトルに勤しむトレーナーたちは、初期値1500から勝敗に応じてレートを奪い合う日々を送っています。

 

今回はそんな「レート対戦」でよく見るポケモンの中から、ストーリー中で使用するパーティ(旅パ)で挑むと絶対に勝てないようなポケモンを紹介していきます!

というのも、この対戦方式ではレベル50以上のポケモンは自動的にレベル50にされてしまうので、ストーリー中のようなレベルゴリ押しが効きません。

そのためレート対戦で使われるパーティには、これらの超強力なポケモンに対する対策が組み込まれているのですが、旅パで以下のポケモンを捌ききる事は至難の技です

それでは、そんな「対策必須の最強ポケモン」たちをご紹介していきましょう!

 

 

リザードン

みんな大好きリザードンですが、レート対戦では凶悪なチートポケモンとして立ちはだかります。その凶悪さの一因はメガシンカが二種類あることです!

相手がメガシンカするまでどちらにメガシンカするか分からないうえ、どちらのメガシンカも各々のジャンルで超優秀ときたら… 旅パで太刀打ちすることはかなり難しいでしょう。

メガリザードンX

f:id:smcn616:20190317114554j:plain

メガリザードンXの強い所
旅パvsメガリザードンX

上記の通り、メガリザードンX1ターンの隙を見せると止まらなくなる性能を持っているにも関わらず、他のポケモンの補助なしで簡単に隙が作り出せてしまうポケモンです。

恐ろしすぎる…

隙を見せ辛いポケモンを使ったり、隙を見せても止めることができるポケモンを採用したりするレート対戦とは違い、旅パで無対策に挑むと、リザードン一匹でパーティが全壊してしまうでしょう。

メガリザードンY

f:id:smcn616:20190317114622j:plain

メガリザードンYの強い所
  • 特攻が恐ろしく高い
  • 特性「ひでり」によってほのおタイプの技が馬鹿みたいな火力になる
  • みずタイプにはソーラービームが撃てる
  • いわタイプにはきあいだまも撃てる
  • ドラゴンタイプにはこおりタイプの「めざめるパワー」が撃てる
  • もともと高めの素早さをニトロチャージでさらに高めることができる
  • メガリザードンXとの判別ができない
旅パvsメガリザードンY

特性「ひでり」によってほのおタイプの技の威力が上がり、特防が高くないポケモンは「かえんほうしゃ」であってもほぼ耐えることができません。特防が高いポケモンだったとしても、特防を中心的に鍛えていない旅パのポケモンでは「だいもんじ」などの高火力技を耐えることは難しいでしょう。

ほのおタイプの技を「いまひとつ」で受けられるポケモンだったとしても、豊富なサブウェポンで倒されてしまいます。

つまりメガリザードンYは、数多くのポケモンを一撃で葬り去れるにも関わらず、もともと高めの素早さをさらに高めることもできるポケモンということになります。

これは勝てない…

 

アーゴヨン

f:id:smcn616:20190317114729j:plain
ウルトラサン・ウルトラムーンで追加されたウルトラビーストアーゴヨン」です

アーゴヨンの強い所
  • 素早さがかなり高い
  • 特攻も高い
  • ドラゴン技が効かないフェアリータイプにはどくタイプの技が撃てる
  • ドラゴン技が効かないはがねタイプにはほのおタイプの技が撃てる
  • 特性「ビーストブースト」で相手を倒すとさらに能力上昇
  • 「わるだくみ」で特攻2段階アップ
旅パvsアーゴヨン

まずアーゴヨンの優秀な点は、上記の通り広い攻撃タイプ範囲です! 旅パでアーゴヨンの猛攻を受けられるポケモンはほぼいないでしょう。

さらにアーゴヨンはかなり素早さが高いので、旅パのポケモンアーゴヨンに先制することは至難の業です。

要約するとアーゴヨンは、幅広いポケモンを倒せる攻撃範囲を持ちながら、その攻撃を圧倒的な素早さから繰り出してくるポケモンということになりますね。

なんだこのポケモン

 

ポリゴン2

f:id:smcn616:20190317114752j:plain
アニメ出禁になったポリゴン一族の一匹「ポリゴン2」です

ポリゴン2の強い所
旅パvsポリゴン2

通常の旅パで挑むとほぼ確実に詰みます。様々な攻撃を二発以上耐えることができるので、「じこさいせい」を使って完全に回復されてしまいます。

かくとうタイプがいればあるいは…といった感じではありますね。しかし攻撃性能を伸ばしていない旅パのポケモンポリゴン2を二発で落としきる事は容易ではありません。

要約するまでもないですが、ポリゴン2様々な攻撃を「じこさいせい」で半永久的に受け切ることができるポケモンですね。

レート対戦用に育成されたポケモンならまだしも、そうでないポケモンでの突破はほぼ不可能と言っていいでしょう。

 

ポリゴンZ

f:id:smcn616:20190317114811j:plain
ポリゴン2の進化形「ポリゴンZ」です

ポリゴンZの強い所
  • 特攻が高い
  • 「Zテクスチャー」で1ターンで火力・耐久・素早さを上げることができる
  • 特性「てきおうりょくでタイプ一致技の火力が上がる
  • 素早さも高め
旅パvsポリゴンZ

ポリゴンZは多くの場合「Zテクスチャー」で能力を上げつつ電気タイプに変わり、特性「てきおうりょく」によって「10まんボルト」を超火力で撃ってきます。そして電気タイプが効きづらい地面・草・ドラゴンタイプには氷タイプの「れいとうビーム」で反撃することもできます。

「Zテクスチャー」後のポリゴンZの火力はすさまじく、旅パでポリゴンZを止めることは不可能と言えるでしょう。

なので旅パに勝機があるのは「Zテクスチャー」を使用するターンになるのですが、ポリゴンZは耐久が高くないとはいえ紙耐久というわけでもないので、旅パのポケモンの一撃でポリゴンZを倒すのはそれほど容易ではないでしょう。

要約しますと、「Zテクスチャー」をされると止まらないが、その「Zテクスチャー」を防ぐことも簡単ではないポケモンです。

諦めましょう

 

キノガッサ

f:id:smcn616:20190317114834j:plain
このブログでよく出てくるポケモンキノガッサ」です。

キノガッサの強い所
  • 「きのこのほうし」で眠らせてくる
  • 特性「テクニシャン」も相まって火力が高い
旅パvsキノガッサ

「きのこのほうし」という技は命中100の催眠技で、2~4ターンの間ねむり状態にされてしまいます。くさタイプやフィールドなどで対策ができますが、催眠対策がされているレート対戦用パーティと違い、旅パは催眠対策がガバガバなのでキノガッサに好き放題されてしまいます

また「きのこのほうし」の対策ができていなくてもキノガッサに先制して攻撃できればパーティの損害は少なく済むのですが、適当に育てた旅パのポケモンでは、素早さを伸ばしたキノガッサに先制することは意外と簡単ではありません。上から「きのこのほうし」で眠らされて、眠っている間に高火力の攻撃で倒されてしまいます。

つまりは下手すると一度も攻撃できずに全員倒されてしまうことになりますね。

何この害悪ポケモン

 

オニゴーリ

f:id:smcn616:20190317114901j:plain
ポケモン界最凶の害悪ポケモンオニゴーリ」です。

オニゴーリの強い所
旅パvsオニゴーリ

特性「ムラっけ」は毎ターン終了時に、攻撃・防御・特攻・特防・素早さ・命中・回避の中から一つの能力のランクが2段階上昇し、一つの能力のランクが1段階下降する特性です。
つまり差し引きで毎ターン1段階ずつ能力が上がっていくので時間をかければかける程オニゴーリは強くなっていきます

そして時間をかける程強くなるということは、相手はどんな手を使ってでも時間を稼いでくる訳でして… オニゴーリよりも素早さが低いポケモンは、「まもる」「みがわり」でかなりのターン数を稼がれてしまいます。

素早さを伸ばしたポケモンがいない旅パではオニゴーリに先制することは簡単ではなく、無対策の旅パで挑むとほぼ確実にハメ殺されると言っていいでしょう。

 

メガボーマンダ

f:id:smcn616:20190317114922j:plain
数値の暴力を体現する世界一のドラゴン「ボーマンダ」です

ボーマンダの強い所
旅パvsボーマンダ

上記の通り、メガボーマンダりゅうのまい」を積むとほぼ全てのポケモンが一撃で倒せるようになるにも関わらず、簡単に「りゅうのまい」が積めるチートポケモンです。

火力を中心的に伸ばしていない旅パのポケモンメガボーマンダを一撃で倒すことはかなり難しく、さらに「りゅうのまい」を積んだメガボーマンダの攻撃を耐えることはほぼ不可能と言えます。レート対戦用のパーティでは対策することが常識ですが、メガボーマンダ対策の無い旅パでは手も足も出ないでしょう。

 

 

じゃあ、ストーリー中の対戦とレート対戦は何が違うの?

ここまで「旅パでレート対戦をすると絶対に勝てない最強ポケモン」を紹介してきましたが、では「レート対戦」はストーリー中の対戦と何が違うのでしょうか?

ストーリー中の対戦で使用する所謂「旅パ」のポケモンと、レート対戦で使用するポケモンの間には、決定的な違いがあるのです!

種族値が違う

f:id:smcn616:20190317115504j:plain
ポケモンには、ポケモンの種族ごとにHP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さの各ステータスに「種族値」という能力値の基本となる数値が設定されています。

硬そうなハガネールは防御が高く、速そうなテッカニンは素早さが高く、筋力がありそうなローブシンは攻撃が高い…といった感じですね。

この「種族値」が高いポケモンの方が能力値が高くなりやすいので、レート対戦で使われるポケモン種族値が高いポケモンが多いです。

ここが、好きなポケモンを使う「旅パ」との大きな違いですね。

個体値が違う

f:id:smcn616:20190317120759j:plain

種族値」が同じである同一種のポケモンでも、微妙に能力値が異なることがありますよね? その違いには「個体値」という隠しステータスが影響しています。

例えば同じピカチュウでも、速さに自信があるピカチュウや攻撃力に自信のあるピカチュウなど…ピカチュウごとにそれぞれ個性があり、「個体値」がその個性による能力値の差を作り出しているのです。

野生で出てきたポケモンを適当に捕まえる「旅パ」とは違い、レート対戦では「個体値」が高いポケモンが選ばれ、使われています。俗に「厳選」と言われる作業ですね。

性格が違う

f:id:smcn616:20190317121916j:plain

ポケモンには「ようき」や「ひかえめ」などの性格が設定されているのですが、この性格はただのオマケ要素ではなく、ちゃんと能力値に影響しています。

例えば「ようき」なポケモンは素早さが伸びやすい代わりに特攻が伸びにくく、「ひかえめ」なポケモンは特攻が伸びやすい代わりに攻撃が伸びにくいです。

こちらも先ほどの「個体値」と同じく、レート対戦で使われるポケモンは有用な性格のポケモンになるように厳選されています。適当に捕まえたポケモンでは、有用な性格になる可能性は低いのです。

努力値が違う

f:id:smcn616:20190317122354j:plain

努力値」は本編中で「基礎ポイント」と呼ばれていて、そのポケモンがHP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さのどこを中心的に鍛えたかを表す数値です。

高速物理アタッカーは攻撃と素早さを中心的に育てたり、耐久力の高そうなポケモンはHPと特防を中心的に育てたり…と、中心的に育てた部分は他の能力よりも能力値が高くなりやすいです。

そしてレート対戦で使われるポケモンは「努力値」が計画的に分配されていて、能力値1単位での調整が施されていることが多いです。レート対戦用のポケモンはまさに「勝つために作られたポケモン」と言え、旅パのポケモンとは一線を画しているのです。

パーティが違う

f:id:smcn616:20190317122804j:plain

ストーリー中の対戦とレート対戦では、ポケモン自体だけではなくパーティにも大きな違いがあります! それは持ち物やポケモンの組み合わせ等を駆使して、様々なメジャーポケモンを対策している点です。

特に今回紹介したポケモンたちは無対策では絶対に勝てないようなポケモンも多く、レート対戦用パーティを組むときは優先して対策されることがほとんどです。

だからこそ旅パでレート対戦をすると、これらのポケモンにあっという間にやられてしまうのですね。

 

no-img2

旅パでレート対戦をするのは無謀だね

no-img2

流石に旅パでレートに潜る人はなかなかいなさそうですね

まとめ

さて、「旅パでレート対戦をすると絶対に勝てないポケモン」と「旅パとレート対戦用パーティの違い」について見てきましたが、どうでしたか?

こう見るとレート対戦は、少し敷居が高そうに見えますね。


しかし、対策必須のチートポケモンがひしめいてはいますがレート対戦はとても楽しいです!

厳選するのは面倒臭いです。勝てない時はムカつきます。運負けしたときはイラつきます。しかしだからこそ、勝てた時の喜びは尚更大きいのです!

興味のあるポケモンに「構築」というワードをつけて検索するだけで、そのポケモンが入った構築が沢山見つかります。最初は丸パクリでも良いので、少しでもレート対戦に興味がある方はぜひ一度チャレンジしてみてください!

 

no-img2

レート対戦最高!

以上です。